キラキララ、と輝く君に一目惚れ

ジャニーズのオタクに出戻り、担当という存在を
自覚して、自認して約半年。
とりあえず行こう!とコンサートを観るために、
宮城と北海道へ行き、もしも塾にも行って。
ハマった当初に立て続けに存在した現場がなくなり、
ラジオを聞いたり、出演するテレビ番組やネット番組を
ゆるやかに見る生活に戻った5月の終盤。

暇ではあったんです。同時期に友人のジュニア担へプレゼントとしてTravis JapanSnow Man、なにわ男子の3グループ合同で行われた「ジャニーズIsLAND Festival」たまアリ公演のチケ探しを手伝いまして。有難いことに友人は見事現場に入ることが出来たんですが、その友人からチケ探しの話をしている最中に渡されたんですよね、千円を。
彼女は明明後日にはコンサートへ行くというのに。
「とりあえず見てよ」とのことで。
彼女の勢いと、タダならいいか。とその千円を受け取ってしまったのが今となっては分岐点でした。

なにわ男子は知ってる曲歌うだろうなぁということと、コンサートは観てみたいな。と渡された千円で決済をしたんですね。コンビニで決済手続き出来てしまうし。そして彼女が参加しているジャニアイの中継を、私はパソコンの前で観ていました。ジュニアも好きな方をフォローしていたし、少年たち見たいなぁと思っていたこともあり、予習のような心構えで眺めていたOP。
各グループの自己紹介を兼ねたそれぞれのグループによるメドレータイム。SnowManさんは動画もいくつか見ていたので、うわ〜!お兄さん達かっこいいなぁ…バンダナ巻いてるなぁ…。とか思ったりして、なにわの子達はキラキラしてる〜!…若いなぁ…。みたいに思って。Travisさんもこの曲好きだ…!夢の国みたい〜!ダンス上手だなぁとか、ワクワクもするし、楽しいなレベルだったんですよ。顔が分からない子も多いですし。
そうして聞いたことある曲がいっぱいだ、とぼんやりと画面を眺め、コンサートって楽しいよなと思っていたんです。あとなにわのDialup聴いて、WESTのコンサート見直したいな〜とか思っていたんですよ。

そこから始まる、シャッフルメドレー。
開始10秒くらい。まさに心を撃ち抜かれて。

え?!かわいい!!!!
ちょっと待って!?かわいい!!!!

ピースして、投げキッスしてるおにいさん!!!
かわいかった!!!!

その後、センターに割り込み、手をキラキラさせている姿もかわいい。
好きだ、とC&Rしたいお兄さんがそこにいました。
見逃し配信がないこと、そしてブロードキャスト方式で
追いかけ再生が出来ない状況に苛立つくらい
とてつもなく可愛いくて
キラキラとしたお兄さんが、そこにはいたんです。

しかし衣装からSnow Manであることは分かるものの表情と仕草に意識を持っていかれていたため、他にわかることが「バンダナ巻いてないお兄さん」であることしか分からない。さらにその後の青春アミーゴやロマンティックが脳内へ流れ込み、ますます顔が朧気になっていく。またSnow Manさんだと分かっていても、彼らをコンサートの中で認識したのが顔よりバンダナを巻いてる…!だったので。バンダナ…え、バンダナ??みたいな。なんであんなかっこいい衣装なのに、似合ってたけどバンダナ…??どうして??バンダナがゲシュタルト崩壊するレベルで、認識が持ってかれてしまい、バンダナは巻いてなかったけど逆にどんな衣装か思い出せない。って感じだったから衣装で探すことも出来なくて。
でも心の中に確かに存在する、ウィンクと投げチュー
とりあえずSnow Manさんの動画を1度見てみるものの、あのウィンクしているお兄さんと一致する方がおらず自分の幻覚だったのかな?と思っていました。

1日経っても、頭の中から消えないお兄さんが可愛かった。という感情。TLでたまアリについて話す方を見かける度に、「Lady ダイヤモンド」を最高にキュートなアイドルをしながら歌って、オチのような川柳を詠むお兄さんの姿がちらついて。ただ名前がわからない。顔もふんわりとした記憶。すごい可愛いポーズでキメていたことは覚えているのに。思わずTwitterで呟いてみれば優しいフォロワーさんが、
Ladyダイヤモンドを歌っていたのなら、阿部君か深澤さんですね」と教えて下さり、さらに川柳をしていた方だと伝えると「深澤くんですね!最年長です」とその時、既に担当にしていた中間さんとの共通点を教えて下さいました。
深澤さん、と初めて名前を知り、まず頼る先はWikipedia
とりあえず年齢とか、ほかのメンバーも含めたお名前とかが気になるなぁと思い、開いたページに記載された「ふっかちゃんと対面している」というエピソード。
可愛いエピソードだな?これ、Youtubeで見れるんだ。
そうして初めてきちんと目的があった上で、Jrチャンネルを再生し、6人の顔をまず覚えました。
ふっかちゃんとの対面回以外もぽろぽろと見るようになり、
ナガシマスパーランドでの佐久間さんのグラサンを預かり、かける深澤さんのビジュアルがすきだ…すきだ…と呟いたり、目黒くんかっこいいな…?!と思ったりして、気づけば9人全員の顔が一致するようになりました。
暇があれば、すのちゅーぶで再生ボタンを押してはSnow Manさんのダンスやコンサートの動画を見ていて。
そこで自覚したんですよね。
あぁ、この人が、この人達が好きだ。と。
コンサートを見た直後のように頭の中でそればかりが巡る、のではなく、時々彼らを見ていなくても、彼らの存在が頭に浮かぶような落ち着いた状態でも「彼らが好きだ」と自認してしまえば、あとは転がり落ちるように知り合いに勧められていながらも迷っていた情報局へ入会し、再放送されていた「RIDE ON TIME」を見て、三日後には「少年たち」を観に行っていました。

本当に、出逢いとはタイミングだな、と思います。
もしあの中継を見なければ、少年たちが公開されていなければ、RIDE ON TIMEが放送されていなかったら、いわふかというシンメを知らなかったら、私はここまで彼らを、そして深澤さんを好きにならなかったと思います。けれどファンになるということは恋のようなもので。ファンになる気がする、というよりは、気づいたら好きになっていて。ファンになっていた。というものなのだろうな、と改めて思いました。

今では表紙のduetや連載のあるテレビジョンをチェックし、
地上波で出演があると知れば録画容量をあけ、
また彼らが動画を投稿する水曜日を楽しみにしています。
一ヶ月にも満たないけれど、生活の中へ彼らが組み込まれているのが嬉しくて、楽しくて。
胸を踊らせながら好きを重ねていく生活をしています。

というわけで、ジャニヲタ出戻り半年にして
深澤辰哉さんを掛け持ちで担当にしました。
掛け持ちするのに抵抗はありましたが、
生でパフォーマンスが見たい!
彼の魅力を、彼らの素敵なところが沢山出てくる。
これを推し、とは括れず。
完全に感覚論なんですが、私の中の『推し』は
元々AKB界隈の用語のイメージで。ジャニーズで使うとしたら「グループの中で選ぶとしたらこの子」とか「好きなコンビやシンメへ使う」みたいな感じの言葉なんですよね。
だから「Snow Manで選ぶなら深澤さん」ではなくて
「深澤辰哉さん」が好きだ、と思う私は深澤さんを「推し」とは言えなくて。
まぁ、なので邪道かもしれませんが
Snow Manの深澤辰哉くん「も」担当にしました。

どうしてもLadyダイヤモンドの深澤さんが素敵で
最高に好きで、自分の振り返り用に思わず書きましたが
語彙力のなさに恥ずかしさから消す気もします。
とりあえずジャニーズ事務所さんは
ジャニアイのダイジェストか、円盤を出してください。
もう1回、あのキッラキラのウィンクと投げちゅーする
深澤さんが見たいので。