アイドルは誰がために

本当は匿名ダイアリーとかで書こうか迷った話。
今回、応援しているグループが発売したCDが週間販売枚数、15万枚の大台にのった。やった〜!!!めでたい!!!
1週間で15万枚というのはなかなか難しかったみたいで、フォローしている以前からのファンの方々が喜んでいる姿になんとなく嬉しくなりました。
同時に、その売上の話を調べようとすると出てくる
「音源配布」という呟き。
音源配布という文化、やばいな!!って感想しかわかなくてびっくりしたんです。でもネットがここまで手軽に触れられるようになった今、多分悪びれずやっている子もいるのだなぁと思ったので少しでも認識が変わればな、と書いておきたいと思います。

私は広告とか出版の勉強をしていた時期があり、ジャニーズ界隈の雑誌が発売されてから画像の出回る早さに驚いていました。
同時に見かける「愛はお金じゃない」という話題、複数名義・ダフ屋・密録・盗撮・規格外団扇やファンマナーについての学級会。個人的に規格外うちわ・盛り髪のファンマナーと、盗撮・密録・ダフ屋と複数名義は全て違うジャンルの問題だと思っていて。その中でまぁ、アイドルというかコンサートにつきものなのがダフ屋・転売論議。ただダフ屋とか転売に対してあれこれ仰ってる方が、雑誌の誌面を発売直後にあげてらっしゃると、首をかしげてしまいます。

多分雑誌というものはCD・DVD以上にファン以外の方も買いますし、価格帯も千円いかないものが多いですし、ぱっと手元のスマホで撮影しても綺麗に投稿することが出来ます。それを使えばTwitterなんかだと文字数も削減出来ますし、簡単に感想が共有出来るのでつい投稿してしまうんだと思います。でも雑誌も立派な商品の1つです。雑誌というのは写真・記事(文章)から成り立っているコンテンツで、写真も文面も商品の一部です。何度もアイドル雑誌(Myojo・ポポロなど)の公式Twitterが「SNSへの誌面の投稿について警告文」を呟いています。つまり、それだけ営業の妨害となりえるのがネットへの投稿なんです。確かにネットに載せることで布教効果もある、という考え方もありますし、そういう内容がある。と知り買うことを決めている人も知っています。本屋やコンビニで立ち読みして買うものを決める時間もないから、とそれを頼りにする方がいるのも分かっています。
ただそんな人達と、ネットで無料で誌面を読んで満足して購入しない層を比べると多分後者の方が多いのが現実じゃないかな?と思います。フォローしてる方の質問箱へ、雑誌の誌面をスキャンして載せてください!という投稿が入っているのを何件か見ているので。
また布教のためなら、月刊誌でバックナンバーが発売されているものであれば次号が発売されてから。バックナンバーが発売されてないものでも、発売されてから2週間は日をあけて、一部だけを投稿してくれ。と思います。正直、公式がネットに投稿している画像以外の投稿は一切しないでほしい。というのが雑誌の勉強をした人間からすると出る願いです。でも今の現状からすると、それは不可能に近いと思っています。だって投稿している側に罪の意識なんてないですし、得る側も無料で得られることがほぼ当たり前のようになっていますから。

発売直後にその雑誌を購入する人、というのは目的があって買う方がほとんどです。そんな購買行動が起きているであろうタイミングで目的のものが投稿されてしまえば、買うのをやめてしまう人もいるでしょう。そこで見て、やっぱ良いな!買うわ!ってなるのはオタクだけです。ファンだけです。そこは熱量の差です。しかし熱量を潰すことも、高めることも出来るのは他のファンの動きが関係していると私は思っています。
それだけでなく雑誌に関して投稿する際は、その雑誌名をきちんと明記してください。布教したいと、他のファンにも見て欲しい、と思うなら。「このエピが萌えた」はわかるんです。投稿した時はその勢いのまま呟いてると思います。正直、その気持ちを吐き出したいだけなら知り合いとのLINEグループでやってくれ。と思います。ネット、とくに拡散の容易なTwitterで投稿する理由は?それを多数の人と分かち合いたいからではないんでしょうか?その多数の共感する人は大体同じ趣味を持つオタクではないでしょうか?布教のため、と言って載せるなら最低でも雑誌名を載せなければ買いたいと思ったところで買えません。一緒にその雑誌のオンライン購入のリンクまでつけてくださるとそのまま購買に繋がるので。本屋に近い状態ではないかな?と思います。本屋で立ち読みが許されてるのって、そこから購入へのハードルが値段と中身以外ほとんどないからだと思っていて。見る→レジに持っていく→購入、という流れになるんですよ。でもネットで誌面しか知らないと、見る→なんの雑誌かわからない。で購入をやめてしまう人もいます。そこをクリアしてこそ、ファンだろ。とも思います。でもまずは無料で誌面をスマホの世界で、公式が流している情報以上の情報を得られてしまう前提を壊さないとダメなんです。だって無料で得ているのが当たり前の感覚の人たちには、それが悪いことだという自覚がなくて。購入するために労力を割く、という手間を踏んだことがない人たちなので。
有料で見られるジャニーズWebのブログや、FC会員でないと見れない写真コンテンツをネットに載せる人はそれなりにしかいません。そして批判されたり、非難されますよね。でも雑誌の誌面を載せる人は沢山いて、その人たちは批判を少ししか浴びません。おかしくないですか?やっていることはほぼ一緒ですよ?何が違うんですか?FC入会の手続きを踏んでいるかどうかですか?キャリア決済・Web決済をしているかどうかですか?

何より誌面をタダで見ている状況を、当たり前だと思わないでください。誌面を投稿する瞬間、一瞬待ってみてください。それは言葉で説明出来ませんか?「このコンビのエピが読めて、最高だから今月号の○○(雑誌名)はとりあえず買うべきでは??」って呟けば買った人とは話せませんか?
雑誌は購入することで記事を、中身の情報を自分の手元に得ることが出来るものです。そういうコンテンツであり、商品です。

著作権・肖像権の話まで広げると、多分この世の中できちんと守りきれている人なんて、ジャニヲタと括ってしまうと僅かだと思っています。Twitter使っている人に絞るとさらに減ると思います。テレビのキャプチャは氾濫してますし、アイコン・ヘッダーなども色々ありますから。そこをきっちりつけていくとほぼアウトな案件だらけだと思います。
そして雑誌の誌面などを投稿してる方は、多分善意や自分用にとあげている方がほとんどだと思います。でもそれは少しだけ違う方向へ向けることは出来ませんか?
雑誌の誌面の投稿と、あと歌割り動画は善意やファンだからこそやることなのだろうなって思うのですが、どちらも正直、発売前や発売直後に行うのは売上の妨害です。ライブ風に加工した音源の配布もあまりよろしくはないと思ってます…結局は音源ですし、加工したのを聞いて欲しいならせめてテレビverくらいの短さにするべきかな、と。1番はこうやって加工すれば、ライブみたいに聞こえます!ってやり方を載せることだと思います。
(正直テレビのキャプチャや動画もアウトなんですけどね…ざっくりいえば雑誌や円盤と同じに括ってもいいと思うんですけど、でも厳密に括ってみると状況とかが違いすぎて、そこはまた別の問題かな、とも思っています。雑誌とテレビは近いと思うんですが、正直瞬間性が違いすぎて。特に生放送とかに当てはまるんですけど、録画とかその時に視聴してなければ情報が得られない。またその得られる情報に確実性も安定性もないものと、雑誌や円盤のように購入すれば確実に同一の情報が得られるものは同じ括りにオタクだからこそ出来ない。でも違法アップロードだという認識もあります、視聴だけは罪じゃないと分かっていてもグレーゾーンなので)

このご時世、写真や動画を投稿することは簡単です。
同時に言葉を書くことも簡単に出来るのです。
だから折角、言葉を持っているのであれば
その言葉を使ってみませんか?

そして有料動画サイトで配信された動画や円盤の動画を、雑誌の誌面を、音源を、投稿しようとする方は何故自分がそれをしようと思っているのか、1回考えてほしいです。聞けない・見れない・読めない人のため、と思うなら、なぜ貴方が有料で買ったものを無料で配れるのですか?拾い画なんてものはこの世にはありません。雑誌の画像なら、それは誰かが購入したものです。
また雑誌や円盤・有料動画サイトで購入しているのは、それを見る権利と手元に持っておく権利だけです。映像を配布する権利は買っていません。それを配布したり、投稿する権利まで買うには莫大なお金がかかり、ラジオや雑誌・テレビはその権利を買っているから、世の中に流せるのです。権利を買うために広告を出したり、スポンサーをつけているんです。雑誌が続々と廃刊や休刊になっているのも、広告と記事が一体化している雑誌が多いのも、スポンサーがいないと雑誌を続けることが難しいからです。
利益を得ていないからいいじゃないか?
利益を得てなくても、利益を潰しています。その損を出した分のお金を払っていますか?

クレカ決済やキャリア決済出来ないんだからしょうがないじゃん、って動画を探したり、円盤の動画をもらおうとしてる方、誌面をくれ。と言う方は1回とりあえず コンサートにチケットを持たずに入ってみてください。警備員さんに止められると思います。
もっと身近にいえば、近くのコンビニからレジを通さずに商品を持って帰ろうとしてください。
貴方達が行っていること、行おうとしていることはそういうことです。サービスや情報を得るためには、基本的に行動してお金を払わなくてはいけません。今の、様々な雑誌の誌面がタダで見れる、この状況がおかしいんです。

他の事務所もそうですが、ジャニーズ事務所はボランティアで経営されているわけじゃありません。
アイドルは商品です。
売れなくて廃棄されることはほぼありませんが、売れなければ売れないなりの扱い方しかされません。
個人でお金をかけられる限界はあります。そしてお金のかけ方は人さまざまで、そこを比べだしたらキリがありません。複数枚買いましょう、とは言いません。でも商品に対して消費行動をしない人をファンと括るのはいささか疑問です。
アイドルという商品を、コンテンツを応援する以上
愛を示すのはお金が大部分を占めます。
愛はお金じゃない、部分もあるだけなんです。
アイドルを消費する、と書くと語弊があるかもしれませんがアイドルが商品であり、コンテンツとして存在する以上ファンとして応援することは楽しむことであり、消費することだと思います。
購入に対して前向きになれない、そこへお金を出したくない。と思うのであれば、その商品は消費しないでください。そうすればその内に購入出来なくなりますから、お金を出す必要もなくなります。お金は出したくない、サービスだけ受けたいのであれば、ボランティアしてるところへどうぞ。

正直、ジャニーズ事務所の楽曲配信とジャニショで扱っているブロマイドの通販は多分もう少し先になると思っています。なぜならストリーミング配信をすることで、今以上に楽曲をデータとして扱うことが容易になるので音源を載せる人は増えてしまう可能性があると思うからです。またブロマイド通販も、結局は通販サイトにそのブロマイドの画像をある程度の解像度でサンプルとしてあげる必要があるわけで。ビジュアルやその人自身が売り物になっている認識があり、闇写などの非公式写真で営業妨害されていた過去を持つ事務所だからタレントのネットにおける画像使用も厳しかったんですよ。そんな事務所がブロマイドのサンプル画像をあげなくてはいけないネット通販を行うのは当分先のことのような気がするのです。

5/1 追記
ブロマイドの通販は先になるんじゃないかなぁ、とか書いてみたらオンラインショップの開店が決まりましたね!!!やった〜!!情報見た時は思わずカウンターぶりに笑いましたけど。カウントダウンコンサートは行われなかったですが時代が変わってるのを確かに感じました…。